スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快刀ホンギルドン7~10

うーん、ここらで序盤終了?いよいよ、義賊への道を突っ走ることになりそうです。
余談ですが、あの王さま、どこかで見たと思ったら
イボムスの「スーパースターカムサヨン」に出てるじゃん(笑)
計画は失敗し、謀反を起こそうとしていたのはチャンフィだということを中宗も知ることに。
現場では犯人がギルドンだという証言が続出。
まさか・・信じられないホン大臣。いくら奴婢でも我が子がそんなことをするはずがない。ギルドンを信じ、問い詰めても、その場で真実を話さないギルドン。
見せしめのためか 中宗は罪もない、建設現場の人夫たちを無残にも斬首・・・。
このままではどこまでも犠牲者は増える。
チャンフィから宝刀の秘密を聞かされたギルドンはある決断をする・・・。

奴婢の運命から逃れられないギルドンの運命と同じように奪われた王位を取り戻さねばならない運命の大君。しかし、国王になる意味は何だ と問われるチャンフィは答えが出ない・・・。今まで疑ったことなどなかったんだよね。ノ尚宮から呪文のように言い聞かされてきただろうしそれが当然だと思っていただろうし。

父に伝えた場所で待つギルドン。
なんと、アボジ、息子を「生かして捕まえるな、殺せ」ってどういうことよ?
目の前でお縄になり、斬首される姿は見たくないの?
それとも本当に親子の情を断ち切った??アンデ~~~~!!
そこまでしてあんなアホ王に仕えるの??
そんなに自分の座を守りたいのかしら??(呆)

「私が矢の様に足が速いからここはまかせて!」なんて、健気に逃がそうとするするイノクを巻き込むわけにいかないギルドン、泣く泣く置いて
官軍に追われて逃げるギルドン、崖っぷちで屋に撃たれ、まっさかさまに!!
キャ~。へモス@朱蒙を思い出すわ。
ここで主人公が死ぬ?まさか~そんなはずもなく、盗賊たちに救われ、
もしかして、イノクからもらったハンカチのおかげで傷が浅かったのかな?良かったね~
ここで、表向き、ギルドンは死んだ人になったわけですね・・・

ギルドンが死んだ?そんなはずがない・・と信じられず悲しみ嘆くイノクだけど僧主から死んだと聞かされてしまう・・・そして1年が経過。

ここから、第2章スタート?といった感じね。
爆薬作りもするという悪徳高利貸しと手を結ぶチャンフィたち。王位奪還を諦めたわけではなく、再び、密かにクーデターを起こす機会を狙っているようです。

チャンフィはすっかりイノクに心を開いている様子で、なんと高価なコブラを彼女のために入手したぐらいですからね~。イノクは天然だからチャンフィの好意に気付いてません・・^^;

仲間となった頭領の死んだ妹に瓜二つの少女が盲目の父のために借りた借金のかたに
売られてゆく姿を見てじっとしていられない頭領。
偶然売られた人たちが閉じ込められている姿を見てしまったイノク。
すぐ首を突っ込むから危険に目に遭うのね・・・チャンフィに助けられたイノクだけど
彼女たちを助けて!!と純粋に自分を信じるイノクを落胆させてしまったチャンフィ。
助けてあげたい気持ちはあれど何も出来ない。
悪人だとわかっていても彼らの助けがなくては目的を果たせない。
現在の立場では、結局、正義の味方にはなれないよね~
君主にならないと・・・もし、君主になれば悪政を一掃させられるの?
民が暮らしやすい国を作れるの?まだまだ道は果てしないだろうに・・・。
チャンフィは ギルドンがつきつけた問いの答えを出せるのかな・・・。

全然関係ないんだけど、ふと、「俺は現場で頑張るからお前は上にあがって頑張れ!」
って 踊ってるドラマを思い出しちゃった。(笑)
といっても、彼らのように共存できる国ではないだろうけど・・

コメント

チャンフィにとって王位奪還は
 亡き母の遺言、先王が定めた道に従う自分の運命
でしかなかったんでしょうね。

ソドンヨのチャンに比べると王位奪還の目的も計画も
あまりにもお粗末な気がしますが(笑)
チャンにはモンナス博士がいたのに
チャンフィにはノ尚宮しかいないので仕方ないのかしら。。
出会った女性もソンファとイノクとでは雲泥の差!?(笑)
(私はノ尚宮もイノクも好きですよ~)

ギルドンは義賊に生まれ変わってから顔つきがガラっと変わりますよね♪
(エッ?そうは思わない?)
この辺りから私は堕ちたんですよ♪♪



Petulina さんへ♪

コメントコマウォヨ^^
話数も短いし、(しかも半分はコメディ)史劇としての描き方が浅くなるのは仕方ないかな。役者さんの演技がそれをカバーしていたように見えましたよ。
でも、私は姫としての資質のあるソンファ@ソドンヨより薬売りのパボなイノクの方が好き(笑)彼女の無垢で純粋なとこがいいな。
そうか~Petulinaさんはマジ顔のジファンに落ちたのね!!私はどっちかというとお茶目なのも好きですよ~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

モカ

Author:モカ
韓ドラ鑑賞歴6年目ですが最近見ていません
心の赴くままに惹かれるものだけを書きとめるかも。
今はイェソンがお気に入りです。

最近のコメント
翻訳
한국어
フリーエリア

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。