スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王と私 1~2



これって「王と妃」と時代設定が同じですね~。だからすんなりエピは頭に入ったけれど、
1話だけでもめちゃくちゃ内容が濃いのを駆け足だったし、ドラマにしては描写がグロくない??
最初のシーンでのけぞりそうになったんだけど^^; 冒頭のお仕置きのシーンは怖かった・・・。
顔に蜂?あれはどうやって撮影したんでしょうかね。
小心者なのでああいうのは遠慮したいんだけど。これからもこんな調子かしら。びくびく。

とりあえずは1~2話の簡単あらすじ♪(王と妃ネタばれも含みます)

時代は世祖1年。首陽大君(スヤンテグン)が甥っ子の端宗(タンジョン)から王座を剥奪し、世祖として即位した頃。甥っ子の座を奪ってしまったことで彼には本当の意味での忠臣はいなかったらしいし、死ぬまでそのトラウマに苦しむのよね。
端宗を支持する派は謀反を企み、その中に主人公のキムチョソンの父キム・ジャミョンも武官という役職についていた。チョソンの親友のチェ・チギョムが内官でホジュンでお馴染みグァンリョル氏。身体絞ったのかな?笑 精悍で鋭い眼差しが存在感たっぷり!
謀反は失敗し、チギョムは案の定、寝返っていた・・・。(どうやら、チョソンの母に片思みたいで・・・笑またクムワ@朱蒙みたいな横恋慕する役だ~
チョソン父は自害、身ごもった妻は逃げ隠れて子供を産むが、追っ手から逃げ崖から転落。妻は「アジュンマが行くのアジュンマ」ね。
子は巫女によって拾われ、この子が三能三無という運命の内侍、キムチョソン(マンソク氏)になるわけだ。同時に産まれていたのが世子の息子の者山君(チャサングン)。世祖の長男である世子は早死にしたため、世子嬪ハン氏は国母になる前に宮中から出るが、彼女は野心の塊。とりあえず世祖の次男が王位に就くけど、大臣のハンミョンフェと組んで世子の次男の者山君を王位に就かせるために画策していくんですよね・・・王と妃では恐ろしい女性として描かれています(そういえばこの女性、女人天下の皇后さまでは?)

チョソン母は命を救われ、寺にいるところをチギョムに引き取られ、者三君の乳母となります。チョソンは幼い頃に実母に育てられた者三君出会い、親友となる・・・稀有な因縁に結ばれているのですね・・・。そして、ソンファ(のちのユン妃)とチャサングンとチョソンが運命の三角関係を形成していきそう。
う~ここまで書いててややこしいけど、身分違いの三角関係は切なくなりそうな予感!
チョソンがソンファの傷の手当をして背負うシーンなんて子供だからか、余計に健気に感じてグッときてしまいました・・・。

かなりメロの要素が強そうで引き込まれるのですが
もうひとつ、好奇心をそそるのが一物一物一物!?
やたら一物エピの連続でお口あんぐり・・・!
内侍が宮廷から退く時は壺を持って出るなんて知らなかったし、(笑 何で漬けているんでしょうか?アルコール?え、漬物じゃあるまいしって?)
内侍って養成所があり、あんな小さい頃に入れられて切られるのも知らなかったわ~
一物がない、ということで子孫は残せないけど妻もいて、養子を取る、これは
大長今の小説本で知っていました・・。
富を得るために 親のエゴで入れられる子もいるし、両班という身でありながら財力がないために内侍を志願せざるを得なかったり・・・
昔のことなのでバイ菌が入って死ぬ確率も高かっただろうに。命がけの選択を子供に強いてしまうこの時代が悲しいですね。(まあ、今でも自らお切りになる方はいますが・・意味が違うので汗)
話変わりますが、ホジュンの妻、怖いわ~見るからに品が無くてキーセン上がり?なんでこんな女性と縁を結んだのだろうか不思議。しかし、ああいう歌歌って宴会でもやってうさを晴らさなきゃいられないんですかねぇ~気の毒といえばそうなんでしょうか^^;

脇キャラも ハン尚宮様や、子チャングム、チェゴ尚宮様、京城ちらしの編集長・・・(いつ見ても福笑人形だ)、などなど、知った顔ぶればかりで見飽きないのもいいけど、子供と一緒の視聴は不向きかもしれませんね・・汗。


コメント

塩漬け

あにょん。
始まりましたね。時代劇。
一物は塩漬けらしいです。
イメージは臍の緒かしら?
世継ぎ問題ばかり騒ぐと平和なのかな?と思いますが、民は苦しいから息子が売られるみたいですね。
芸人の子供は女の子が演じてませんか?
女の子に見えるけど…。あと、おばあさんの役は途中でジェミンオンマに変わった?
混乱してます。
出演者くらいはハングルで読めるとわかるのかもしれません。
気が付いたら教えて下さい

血生臭い

モカさん、あんにょん^^ちょうど2話まで見ました!結構グロい^^;
リアルでも少し見てたので、ちょっとわかるのですが・・・
nokkoさん、さっき掲示板にも書いたのですが、内侍教習所?のハルモニ、チャングムのチェゴ尚宮さんは、体調不良の為に途中降板して、ジェミンオンマに変わりました!
この二人がお友達らしくて、頼んだら快く引き受けたとか・・・
私も、芸人の子は女の子が男の子の役を演じてるのだと思います!
グァンリョルさん、演技上手~~目の力が凄いです!!
史劇にはなくてはならない俳優さんですね!?
この方の妻役は、ミュージカルスターでマンちゃんともよく共演してる女優さんで、顔立ちはいかにもキーセンっぽいけれど、とっても歌が上手いのです~♪
内侍の妻って、みんなキーセン上がり?みたいな品のない方々ばかりよね!?なぜかしら?

なるほど ピンチヒッターにジェミンオンマね。
それにしても まるで対照的な体型の役者さんになったのですね。
ものさしから ボールになったみたい・・

塩つぼに入れられた 一物は 亡くなった時に
遺体にひもで縛り付けるとか・・
性別が分かるようにって 言ってましたね。
あるべきものを取り外すと 後が大変なのですね。

nokkoさんへ

あんにょん♪
塩のようですね~(笑)臍の緒、のような感覚でしょうか?
うう~想像するだけで・・・(想像しちゃダメ)
李氏朝鮮時代なので外交は安定した時期かな?
身分制度ゆえの民には厳しい世界ですが支配階級の生き残りも壮絶なものがありますね。
ハルモニと、芸人の子はPさんが答えてくれましたので・・^^
芸人の少女はソウンでしたっけ。もったいないぐらい綺麗でしたね~


Pさんへ♪

フォローありがとう!私もアレ?いつの間にすり替わったの?別人の役?・・と思いながらもスルーしてました(笑)
芸人の子はこの後も出てくるみたいね~
グァンリョルさんはほんと、うまい!彼の存在感は圧倒的。あまりに悪役も自然なのでホジュンのイメージ脱却してます。
あのキーセンはマンちゃんのチングなのね?笑
派手な顔だから舞台映えすること間違いなし!
(それはマンちゃんもか・・・^^)
内侍の妻・・良家の子女は嫁いで来ないだろうけど、政治的に妻(キーセン)の才能、人脈を利用することがあったのかな~?単にキーセンが成り上がるための手段か・・・



な~なさんへ♪.

あんにょーん。

<ものさしから ボールになったみたい・・
その表現、妙に!可笑しい~~~爆。一人で不気味に笑ってしまいました。

<遺体にひもで縛り付けるとか・・
どうやら死ぬ時に縛らないとロバに生まれ変わると信じられていたそうですよ。(中国でも)
ウィキペディアで「宦官」を調べてみると「!」なサジンを目にしてしまいました。(-_-;)あるべきものは外すべきじゃありませんよね・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

モカ

Author:モカ
韓ドラ鑑賞歴6年目ですが最近見ていません
心の赴くままに惹かれるものだけを書きとめるかも。
今はイェソンがお気に入りです。

最近のコメント
翻訳
한국어
フリーエリア

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。