スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーツァルト ジュンスのインタビュー

中央日報に掲載されていたジュンスの単独インタビューです^^

junsu


舞台後、控室で彼を待った。シア・ジュンス(キム・ジュンス、24)は常に歌を口ずさんでいると言った。少しも口から歌が消えることがないという話だ。やはり、外で口ずさむ声が聞こえたと思ったら、彼が入ってきた。彼はこのごろ公演界でも話題の人物だ。所属事務所SMエンターテイメントとの法廷紛争中に挑戦した初のミュージカル「モーツァルト!」で、相当な興行パワーを発揮した。ミュージカル新人らしくないパワフルなステージを作り出したと高評価もされた。

インタビューはミュージカルに対する質問だけ受けるという条件で行われた。所属事務所の紛争に対することは口にしたくないということだった。2008年「ミロティック」以後、国内メディア初のインタビューだ。彼は言葉を慎重に選んだが、始終明るく朗らかだった。
誰でも大変な時がある」という言葉を繰り返す時は、なんとなく彼の最近の状況が想像できた。

◆やってみたかった舞台=彼の出演は突然やってきた。足をけがしたチョ・ソンモの代打だった。ドイツ人原作者は初めて彼に会ったとき、彼の歌唱力を称賛した。

ミュージカルに対するあこがれはあったが、こんなに早く実現するとは思わなかった。3年後ぐらいに、と予想していたが。昨年、問題(所属事務所との対立)があって国内ステージへの渇望が大きかったが、機会が来ました

彼を動かしたのは「モーツァルト」の音楽だった。
「こんなに良い歌を逃せば後悔すると思いました。天才だから幸せだったけれど、同時に不幸だった、そんなミュージシャンにもひかれました」

◆モーツァルトではないシャーツァルト=出演は決めたが、目の前がまっ暗だった。
アイドル歌手としては最高のボーカルと評価を受けるが、発声・呼吸・唱法ともに初めてだった。
ハスキーな声も難題だった。海外活動が続き、完全に与えられた練習時間は15日にすぎなかった。
それに初めての演技まで。
「他人より2~3倍練習しても足りない上、与えられた時間も短く、歌謡式発声を全て変えることもできませんでした。悩んだあげく中途半端にやるくらいなら、自分のスタイルでやろう、4人のモーツァルトがいるから自分だけのモーツァルトをしようと心に決めたんです」ファンが付けてくれた「シャーツァルト」(シャーは“シア”を縮めたもの)の誕生だ。

結果は期待以上だった。父親役のソ・ボムソクは「演技を学んだことがなく、演技をしないからむしろ実際のモーツァルトに近接したようだ。オーバーな演技で逆効果をもたらすよりはるかに良い」と言った。


◆新たな「東方神起」=「ミュージカルって、演技で歌が極大化され、歌で演技が極大化されるジャンルだ。私は演技についてわからないから、今、モーツァルトならどうなのかと思うようにしました」

普段は楽天主義者である彼だが、初公演の時は息詰まるほどの緊張感を経験した。
「デビュー時に戻ったようでした。もうキム・ジュンスはなくてモーツァルトしかいない。音楽が全部で、苦痛も幸せも音楽のためだということが、私と似ている、こう思いながら舞台の上に上がりました」 初の単独舞台、負担になることも大きかった。
いつも1/5として活動した東方神起を忘れなければならなかった。
「東方神起の時は私がミスをすればほかのメンバーたちがカバーしてくれるけれど、ミュージカルは自分1人だけの戦いだと思いました。ところが、私がセリフを遅く言えば相手が早く対応し、私がダラダラすればほかの俳優が締めてくれるなど、そのようにやりとりしているんです。ほかのミュージカル俳優さんたちが東方神起のメンバーでした」(笑)

◆アイドル、ファン文化=今回の挑戦には異論も多かった。覚悟通りだった。

「アイドル出身の主人公だから、ずっとミュージカルをして来た方々には憎たらしい存在だといえます。でもありがたいなと思うことが本当に多い。皆さん温かくて気楽に接してくれます。キスシーンや激しい演技など恥ずかしい場面が多かったのですが、おかげで無事に終えることができました。感謝しています」
「仲間と先輩たちに先に言葉をかけ、面白くしてくれる人」というイ・ソンジュン音楽監督の言葉通り、特有の親和力が奏功した。
「私のファンの中にミュージカルに初めて接し、その魅力にはまったという方がかなりいます。ミュージカル市場を広げることに寄与できたとしたら幸いなことです」

今回の公演は「ファンが完成した公演だ」という評価も受けた。ファンの集中度が公演そのものの完成度を高めたというのだ。少女ファンたちが雰囲気を壊すだろうという予想も外れた。
「私たちのファンの方々も、時と場所は選り分けます。一部はファンページでミュージカル観覧の要領を勉強してきました」

実は、今まで、劇場できちんと見たミュージカルは1作品もなかったと彼は話す。
長い練習生期間と忙しいスケジュールに追い回されたからだ。
ところがすでに「ミュージカル伝道師」になった雰囲気だった。
「舞台に立ちながら、ますますミュージカルの魅力にはまります。いつかミュージカルも映画のように1000万観客時代が来るのではないでしょうか。ミュージカルはいつかまたやりたいです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり、初公演は大変なプレッシャーだったようで。
デビュー当時に戻った気分、うんうん、そうよね!
周りはミュージカルのベテラン揃い。その中での主演ですから。。
でもその気持ち、大切です♪
ミュージカルという新たなジャンル。
これがジュンスのステップアップに繋がっていくんですね。。

他の俳優さんと比べても意味が無い気がするし、
ジュンスならではのモーツァルトでいいと思う!

風邪で喉の調子が思わしくなかったと聞いてますが
あれから具合はどうなんでしょうか。
回復してるかな?

そうそう、
ちなみに、発売されるCDはジュンスは参加していないんだとか。
まあ、事情もあるのでしょうが、残念・・・・。
参加しているなら買いたかった笑

来週はいよいよ私も渡韓なのですが
つべを見て予習をした方がいいのか悩んでいる所です^^;
ネタばれ苦手なのでまだ、ほとんど見てません。
(ポッポシーンは思いがけず、目に入ってしまった苦笑
まあ、可愛らしいな!という程度なので安心です)

とりあえず、あらすじだけはどこかで読んでいかないと
韓国語なのでサッパリ???理解できずじまいで終わってしまいそう・・はは。。

ソウルナビで何を食べるか探してる場合じゃないか(笑)

コメント

近づいてきましたね!

モカさん、いよいよ渡韓が近づいてきましたね。
「モーツァツト」の予習のことなんですが
この作品は以前、日本でも劇団「四季」が公演したと
聞いたことあるので、どこかで大筋は読めるような
気がするんだけど、どうでしょう?

日本と韓国で大幅にストーリーを変えたなら
難しいけど、合致してたら予習にはいいかもしれないですね。
帰国したらまたお土産話、聞かせてくださいね!

生きてます!(笑)

ごめんね・・・^^
ご無沙汰オンニよん(笑)
いろいろ・・・あれこれ・・バタバタしてます^^
体調不良もすっきり改善されずに・・
何とか毎日生きてますわん。
浮気も(?)してますガハハ~なんちゃって!それは冗談だけど。
ほんとに近づいてくる・・・あの胸騒ぎ~~~♪~♪
あと・・・4日寝たら?行くのね・・モカさん。。

劇団四季で公演したことがあるの??
へぇ~~
お土産話が今から楽しみです!
後で↑の記事、ゆっくり読ませてもらいます。
やっと明日から連休なの^^うれしぁ~~~

よしのさん

日本と、韓国版のモーツァルトのあらすじ探して読んできました!
韓国版のも・・どうやら少し筋が違う部分もアリだとか?

日本のモーツァルトって家族を大事にする人ではなかったみたい。。笑
ともかく、ありがとうね~
また、レポできたら読んでやって下さいまし~~^^

オンニへ

生きてて良かった~~~(爆)
寒い時期だから あちこちあるよね?
私も絶好調!とはいかないのだけど・・
行ってきますね。ミュージカルって何十年ぶりかなのよ。
前回はウン十年前のレ・ミゼラブル。
筋は忘れました・・・(笑)
シアちゃんが演じなければ今回もご縁はなかったであろうと^^;

オモな~!オンニったら、浮気かぁ・・・ゴックン(笑)
その元気あるならケンチャナヨ。気分転換にまた、それもよし!
お相手が誰だか、次のオフ会で聞かせてね~~~


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

モカ

Author:モカ
韓ドラ鑑賞歴6年目ですが最近見ていません
心の赴くままに惹かれるものだけを書きとめるかも。
今はイェソンがお気に入りです。

最近のコメント
翻訳
한국어
フリーエリア

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。