スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日目 その②

地下鉄
世宗会館へむかう電車の中では突然、
ハルモニから話しかけられ・・・韓国人と思われたのかしら(笑)

「○△×・・・お母さんと一緒で嬉しいね、○△□:::」
はぁ??聴き取れない~~~
「日本人なのでゆっくり話して下さい」と言うと
「上手だね!」と言われて恐縮、通じたみたい(笑)

「私の娘は二人いるんだよ、米国にいるのよ、さんぷらんしすこぉ!
娘には息子もいて・・○△□←また聞きとれない(汗)。
どこに住んでるの?韓国?
旅行だね。じゃあドキドキした?バ~イ」

見知らぬハルモニと楽しく(笑)会話しながら
あっという間に光化門に到着。
ホールに入る前に軽く食事を・・というわけでキンパ天国へ。
海苔巻きのチェーン店で何種類もの海苔巻き、ピビンパ、ラーメンなど
他にもメニューがあります。
値段もお安く、マシヌン クジョクロム~^^

私達が頼んだのはモドゥキムパ(全部入ったキンパ?肉が入ってた・・)
kinpa tyongu

隣のカポーが食べていたスパゲティ??が不思議。
(麺はラーメンぽくて唐辛子は勿論入っていると思われる色、
上にチーズが乗っていた・・)
写真を撮らせてくれとは言えず・・・(笑)

え?そんな話はいい?


ハイ、食後はとっとと李スンシン将軍の銅像を横切り、
世宗文化会館に。
李スンシン

いや~2年前だったらこの銅像見ても喜んだと思うけど・・(爆)
sejon.jpg

韓ドラ 夏の香りのラストシーンで有名な場所ですよね!
poster

中はカシちゃん達の熱気で・・ごった返してました!
若い子が多かった!
会館のキャパは3000人ほど。ミュージカルの会場としては大きく。
かなり傾斜があって、、2階だったので全体がよく見渡せました。

そして開演時間に・・
最初はヴォルフガングが幼少の、神童アマデの時から物語はスタート。。
ジュンスは まだかな、まだかな、と思いつつ・・・

ジュンスが舞台に登場した時のドキドキ、胸の高鳴りは言い表せません!
(キャ~~~エイネ以来の生ジュンスよぉ!)
思わず 声を上げてしまいそうですが
みなさん、お行儀が良くて静かでした~

舞台の上の彼・・・モーツァルトなんですよね。。

若い青年なのですがジュンスが演じるとやんちゃな面も持つ、少年のよう。
舞台を縦横無尽に駆け回り、演技も弾むように躍動感があって。。

噂に聞いてた
ミロダンス
(これ、一瞬です。見逃さないようにオペラグラスで凝視してたから
腕が疲れた~いや、ペンライト振ること思えばラクなもんさ笑)
会場は黄色い??ため息が。

コンスタンツェを想い、ベッドで転げる姿、
求愛する姿、スカートめくり(笑)キャ、
そして、トドメの不意打ちキッス、あ、全部で3回?ゲ笑もうそれはそれは愛らしくて
ため息もの。。。
会場からのため息が漏れる漏れる漏れまくり~~~~(笑)

私が転げ回りそう、
いや、あのベッドにダイブしたい~~(爆)
→病院行き
そんなキュートなヴォルフガング(モーツァルト)なんですが
ストーリーは波乱万丈。
幼いころから神童と言われ天才であるがゆえに、
利用され、大司教からは妨害され、没落・・
(途中で笑いを誘うシーンも含んではいますがシリアスな展開へ)
俳優シカネートとの出会い、男爵夫人の援助もあり、「魔笛」で成功を納めるのですが
自分の傲慢さもあったことから父との想いとはすれ違い
葛藤が高まっていく・・・、
ついにヴォルフガングを許すことなく父は亡くなってしまう。。
(あらすじをちょいと引用?)

結局私はシノプシスをきちんと読んでなかったので
ストーリーもよくわかずじまい、な部分がありましたが

「僕は、僕は音楽」という唄の中での一節、
クデロ ネ モスビ サランへジョ・・
「そのままの僕を愛してほしい」
父への愛への渇望、嘆き、悲しみを力を振り絞るように表現するジュンスは
まさにモーツァルト自身に見えてしまって。。
私も涙が溢れて止まりませんでした。。。うわぁん。。。

正直、昔の反転ドラマなどを見ていると、
演技は。。?と、思わなくもなかったのですが(苦笑)
私の予想心配は見事に裏切られたというのか?
それはそれは素晴らしいものでした!

周りの役者さんの見せ場も多く、ジュンスにスポットライトが
当たらない瞬間も、もちろん気を抜かず演技してましたし。
もちろん、役者として当然といえばそうなんですけどネ。
だって、溺愛だし~~~~?
いえ、それを差し引いても余りある、
ジュンスだけのシャーツァルトを作り上げていたのだと思います。

素敵だったなぁ。。今考えてもうっとり。

カーテンコールでのオットケ(私の運命を逃げられない)
では あの アア~~!というフェイク(雄たけび?)も確認できたし~(萌)
これです。↓
0126-5.jpg


みんな立ち上がってカメラ総動員してましたわ~~
うちの母はピグなので見えなかった・・とこぼしてました。。

言葉はあまりわからなくてもこれほどの感動を与えてくれたんですから
韓国語をもっと理解できたら深く楽しめただろうなぁ。
うちの母も エライ感動しまして、
「あの子は凄い!大したもんや!!こんなに声出るんやなぁ~
見直したデ」
と ベタ褒めしてましたわ~~~(笑)

他の役者さんの演技、声量も素晴らしかったんですよ。
オーケストラも生演奏と贅沢なこと。
舞台装置も幕ごとに変わり、演出もなかなか幻想的。。
こんなにベテランの方達と肩を並べて主役をやり遂げたジュンスが誇らしいし
インタビューで言ってたように
ミュージカルの役者さんたちが東方神起のメンバーの代わりとなって
ジュンスを支えてきたんですね。。。

本当に見れて良かったです。。できればもう1度見たいぐらい。
え?贅沢ですか?
きっとあの会場にいたファン全員がそう思ったんじゃないかしら。

ジュンスを好きになっていなかったら
また韓国に足を運ぶのはさきになっていたかもしれない私。。
そう考えると不思議なものです。。。
ジュンスヤ~コマウォ。。クリゴ 。。サランへ。。

長文読んでいただき有難うございました♪

続きは・・・気分次第で笑 

コメント

おかえり~♪

モカさんおつかれさまでした~~^^
楽しそうなお2人の姿が目に浮かびますよ。
いいな~、じゅんすオッパやオンマにまで会えるなんて
ホントにうらやましあ。。。です。
また楽しい話聞かせてね~~~。

ゆちょきちゃんへ

コメント ありがと~~♪^^
母はワガママな娘に付き合ってやるかぁ・・て感じだったんですけど、
生ジュンスを見て感動してました!(笑)

ジュノ君は夜の公演に来てたらしいよ~
ゆちょんも来てた?と どこかで読んだような??
違ったらミアンです~~

良かったね^^

読んでて、モカさんの興奮が伝わったわ。。。
本当に観にいけて良かったね^^
モカさんの行動力には、驚くけれど、それでもとっても羨ましい^^
お母さんにもいい親孝行できて、それも本当に偉い!!
モカさんが今までコツコツと韓国語を勉強してきたことも、今回の旅行や観劇や、色々に表れているね。。。
かなり、韓国語がわかるとみた!!
素晴らしいわ^^努力は報われるのね^^

つづき、待ってるよ^^

お土産、こまお~☆

ありがとうデス!

「モーツァルト」の鑑賞記事、あのパンフを手元にして
読ませてもらうとほんと臨場感が更に伝わってきます。
ジュンちゃんの雄たけびが幻聴のように聴こえたわ!←私も病気?!

ありがとうございました!

Pさんへ

今考えるとあっという間の3日間だったよ。。
母をダシにしてしまったけど、まあ、親孝行できたので(エッヘン笑)
韓国語に関しては年数の割には中身が超薄なので自慢になりません(苦笑)
電子辞書子くんが活躍したの(爆)

ソウル中心部は英語、日本語が出来る人も多いので大丈夫。
電車内でも大阪在住経験のあるアジョッシに
日本語で話しかけられました。。。^^;

よしのさんへ

ほんと、よしのさんにも見てもらいたかった!!

私のボケたレビューじゃ参考にはならないだろうけど・・^^;
あらすじはネットで詳しく書いてる方もいると思うので
興味があれば探してみては~。
カーテンコールの雄たけびは つべに上がってるね。
できればシャーツァルトバージョンだけでも
DVD化してもらいたいものです~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

モカ

Author:モカ
韓ドラ鑑賞歴6年目ですが最近見ていません
心の赴くままに惹かれるものだけを書きとめるかも。
今はイェソンがお気に入りです。

最近のコメント
翻訳
한국어
フリーエリア

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。