スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大祚榮( テジョヨン ) 25~33

コルサビウは1話につき2カットぐらいしか出てこない・・
けど!
ストーリーは面白いです♪
あのスジョン氏の口調、いかにも史劇~!という
仰々しい台詞まわし気になってましたが、
すっかり慣れました(笑)
相変わらずアジョッシが頑張ってるからジョヨンはまだまだ
サポートの役回りばかり・・。
このドラマってすごくわかりやすくて
最初と最後に映るキャラが今の主役です!って教えてくれてるみたい^^

実質、現在の活躍キャラはヨンゲソムンの死後
→ヤンマンチュンにシフトした感の展開です・・。が!!


ここからは簡単あらすじ!

ヨンゲソムンの死後は長男と二男の派閥争いで高句麗は分裂状態に。
いかにヨンゲソムンの力が大きかったかを実感することになるのね。
3年はヨンゲソムンの死を隠しておこうとするけど、
契丹のイへゴたちのおかげですでに筒抜けになってるし。

長男ナムセンは武闘派。弟のナムドクは学者肌。
プギウォンはこのナムドクをそそのかし、利用して権力を握ろうという魂胆。
ジョヨンがナムドクと中互いするのは良くないと説得するんだけど
ジョヨンの言葉は耳に入らない・・

ナムセンはシンホンの策を信じて、自分が大莫離支になるために
唐と手を組むと見せかけてナムドクたちに対抗しようと考えたけれど
それは甘かった。
謀反だとされ、とうとう追われる身に・・・
ヨンゲソムンの長男にしてはちょっと考えが浅かった?

安市城のヤン武将に涙を流し、救いを求めるナムセン。
でも レッテルが貼られた今、もうヤン武将も打つ手なしです・・

シンホンは兄がプギウォンの派閥にいるようで
こちらも兄弟対決となったけどシンホン形勢不利。

ナムセンを匿ったということでヤン武将までが
プギウォンたちによって糾弾されることに。
ナムドクがヤン武将を迎えに行き、
檻に入れられて送還されようとするヤン武将・・・
彼が生きてきた人生、信念、プライドを考えると屈辱的だろうな。

でもそこに突然民衆が押し寄せてきた!
テジョヨンのアイデアね~(笑)よくこれだけ集めたわ!
その姿を見て、檻から出すよう指示するナムドクは、
民はいかにヤン武将を支持しているかを痛感するのね・・・。

陛下も武将を罰する意志はないけれど、
この当時の陛下ってお飾りのようなもの。
実権を握るのはプギウォンたち大臣。

両手を後ろに、縛られ、哀れな姿のヤン武将の運命やいかに??
やめて~!!頼むから殺さないで!!

と、祈りながら見ていたら
陛下は ヤン武将を大莫離支に任命!!
しかもナムドクも自らの権利を放棄したよ~。

バンザーイ!!しかもヤン武将は莫利支をプギウォンに任命。
意外なヤン武将の言葉に私も驚いたわ~!

まあ、これでいったんはプギウォンも納得。
ヤン武将は内紛を終結させ、国を安定させたい考えなんだよね。

しか~し、唐のいいなりになろうとも和平を望むプギウォンとヤン武将は意見が対立し、
結局はヤン武将を暗殺計画を立てる。
しかも、それを考えてイへゴに入れ知恵したのはシンホン。
ここで、なんと、イへゴが持っている宝刀で、
かつての主の落とし子だったことを知った・・。

シンホンはかつての主を殺したジュンサンを恨んでいるし、
高句麗を敵に回しても、主人の息子を応援するってことか・・・。
しかし、キムギチョル氏、悪役似あい過ぎ・・
イッちゃったようなあの不気味な眼力は健在です^^;

なるほど~イへゴは単にテジョヨンの恋仇というだけで
なさそうなキャラですね?
これでもう少し若かったらいいんだけど~(笑)
商道に出てる時はもう少しスマートで上品なイメージだったのに、
このドラマではもともとの顔立ちとボサボサな髪型にあの
遊牧民族丸出しの衣裳がち~っとも合ってない気がする・・・(-_-)

ま、イへゴはどうでもいいや(笑)
コルサビウの出番さえ増えてくれればネ。

とにかく コルサビウといつもじゃれあってた
ナムセン部下の獅子舞パート2男が
ヤン武将暗殺計画をストップしてくれるかな~~~??

と思っていたら・・

プギウォンの部下たちに
ヤンマンチュンは暗殺されてしまいました!

助けに向かったジョヨンたちだけど、、時すでに遅し。
亡骸にすがりたくてもその場を去らねば追手が来る・・
泣く泣く逃げ去るジョヨンにもらい泣きしそうでした(ToT)
お城の長い廊下で斬られる白装束のヤン将軍、無残だわ。
どことなく日本の時代劇を彷彿させました・・・。

うーん、ここでカリスマあるヤンマンチュンが消えるのは寂しいな。
イドクファ氏ってイドクファ語録と呼ばれるほど
人気があったのだとか・・・。

やっぱり 順に 大物アジョッシはひとりずつ 消えていく流れですね。

そして、
囚われの身となっていた
チョリンはどうにか逃げられましたがジョヨンとの進展はありません~。
また再会する日が来るのでしょうかね?

とりあえず、ジョヨンも高句麗が大変でそれどころじゃないでしょうが(苦笑)


コメント

ヤン・マンチュン

アンニョ~ン!
まさか、ヤン・マンチュンがこんなに早く消えちゃうなんてね~(/_;) コルサビウの次に好きだったから残念~。オープニングにいるからって安心できないのね。これだから史劇はやんなっちゃう!お気に入りがいつ消えるかハラハラなんだもん^^; ドラマの方はやっと32話まで来た!今まで再放送を録画してたけど、本放送録画に昇格しました(笑)

dejicoさんへ♪

いらっしゃい~♪
そうなのよ~、大ショック!
この前ヨンゲソムンが死んだばかりなのにね・・。
で、憎々しいソリンギ、プギウォン、シンホはずっと生き残る気がします(ソリンギは悪役なのに笑いを誘うキャラだからいいけど)

<本放送録画に昇格しました(笑)
dejicoさんもハマってる?^^
私は再放送をその日に消化して、昨日の放送も見たよ~~♪とうとう高句麗が・・・(涙)


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

モカ

Author:モカ
韓ドラ鑑賞歴6年目ですが最近見ていません
心の赴くままに惹かれるものだけを書きとめるかも。
今はイェソンがお気に入りです。

最近のコメント
翻訳
한국어
フリーエリア

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。