スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

張禧嬪 チャンヒビン 76~82

今週末まで見てからまとめてアップしようかと思っていましたが
週末はイロイロ予定もあって年内は無理のような気がするので
82話までで区切りますネ♪(誰に言ってんだか^^;)

しぶとい・・・しぶとすぎるよ!妖怪チャンヒビン!!

で、あの予告って見せすぎでは・・
とうとう東平君が?と思ったらなかなかそのシーンに辿り着かなかった笑
ヒビン
うーん・・・中殿の復位後、ヒビン側形勢が弱くなってきたと思ったんだけど
なかなかしぶとい!
出歯の祈祷師の呪いが あ~んなに効果があったとは驚き(笑)
あの狂った高笑いは だてじゃなかったんだ(汗)
淑儀の王子は原因不明の熱を出してしまったよ。

ヒビンがなにやら企んでいるという
噂は粛宗も耳にしていたのかもしれないね。

王命で就善堂を調べさせようとした時のヒビンの怒り方といったら
凄かったわ。そりゃ、調べられたら一貫の終わりだもの~(苦笑)

あの剣幕で中宮殿に怒鳴り込み、ジヌの仕業だとわめくヒビン、
逆に 粛宗に 
「王命は自分にしか出せない!だれもが噂は知っている!」
とバッサリ斬られちゃうのよ。ざまーみろっつーの(笑)
完全に粛宗の心を失ってしまったヒビン。
もう
今のヒビンにとっては粛宗の心なんてもうどうでもいいんだろうけど・・。

ヒビンたちの企みをチュンテクから聞いていた
淑儀は覚悟を決めて
就善堂を女官に探らせようとするが、これがヒビンに見つかり、失敗する・・・
就善堂の裏を見せてください!と詰め寄った淑儀、
これがまたタイミング悪くて
ちょうど東平君の進言を聞いて祭壇を片付けた後だった~!!
中身は空っぽ!

もし何もなければ王子を井戸に突き落とすぞ!!

と、逆に弱みを握られた淑儀は100日の朝の挨拶とヒジェを呼び戻すため
王に進言せよ、と
命令されてしまった・・。
ムカつく~~~!!!
あんたは妖怪か??人間じゃねぇ~~~!(吠)
まるでベラ@妖怪人間に見えてきたよ(苦笑)

もちろん、祭壇を片付けたヒビンたちは抜かりなく中殿に呪いをかけていた。
今度は外から。死後90日?だっけ?以内の男児の遺骨を中殿の実家に埋めること。
しかもその骨を中殿の衣装でくるむんだと。。。。
そんなもの埋められたらそれだけでか弱い中殿は死んじゃいそうだわ(泣)

埋めるところをちょうど単身赴任?から戻ってきた
ミンジヌに見つかったものの、ヒビン家手下には逃げられてしまった!

いつももうちょっとの所で逃げられるんだよね・・。
しかも ヒビンたちがやったという証拠がないだけに
ジヌも手をこまねいているしかないのか~・・。


ヒビンに首根っこ掴まれたかのような
淑儀は、渋々粛宗に進言する。そこには世子夫妻も同席。
母の悪事など何も知らない世子はもちろん、叔父を解放してくださいと言うわね。
天の様な中殿様を裏切って申し訳ない、と謝る淑儀・・・。
あんなにヒビンを嫌っていたはずの
淑儀の身に何かあったに違いないと周りは察するけれど
淑儀の女官はさすがに何も言えない・・。
ヒビンの恐ろしさ、とても太刀打ちできない相手であることを
この目で嫌というほど見たものね。

このままだとまずいなぁ~と思っていたら
今度は東平君の家でヒビン実家の手下たちが殺人罪で捕まった!
手下二人の口を塞がねば祭壇のことを洗いざらい話す、とヒビンを脅す東平君。
ここで東平君とヒビンは決裂。

二人は毒殺というか自殺ということで処理され、余罪を追及されるはずの

東平君は  島流しに、、、
なるほど、こういうことかぁ~。納得。
でも東平君が指示したことでもないのだけど・・
ある程度こういう運命も予感していたかのような表情の東平君。

命令を下した粛宗は
東平君を信じていただけに内心ショックを隠しきれないみたい・・。
東平君だけは派閥争いに入っていないと思っていたんだろうか?
王室の繁栄を願ってやったことだ という東平君だけど
本音は宗親ということで権力とは縁のなかった自分の欲心があったはず。
もちろん、ヒビンがここまで暴走すると思ってなかっただろうし、
彼女を選んだのは誤算だったと後で後悔したものの
もう後には引けなくなってしまったんだよね。

うーん、この先、本当にヒジェは宮廷に戻ってくるのかしら~??
それはアンデー!!
絶対アンデジャナ~!(笑)
あのオッサン大嫌いっ!なのに~~~

公主はいつの間にか重病を患っているようで
もう長くはなさそうだし、
(粛宗の看病疲れがたたったのか~?)
キムチュンテクもヒジェ前妻との仲が疑われてるから
彼の身も危ない気配?
だいたい、前妻の子フィも実母側につくのか?と思ったけど
父を陥れるとなったら手の平返しちゃったじゃない。
このあとどうなるのかしら・・・、

対ヒビン派も いまいち 詰めが甘いというか弱いままなんだよね・・。

とにかく 最近出番の少ない
チュンテクにはもっと活躍してヒビンを追い詰めてほしいんだけどな、、、
前妻とのことで失脚しないでよ~(苦笑)



コメント

僕がラストかな…

モカさん、ご無沙汰~~~♪♪
それもこんな押し迫った時間帯でミアネ~^^;

今86話まで見たんですよ。
もう回を重ねるごとに目が離せなくなってます。
『どこが面白い?』っていわれると困るんだけど、ドラマの完成度とは関係なしに
否が応でも見せてしまう『吸引力』はあの『ホジュン』以上かも。
これって序盤から共通してることですし、何とも不思議な感覚です。

モカさんは本放送をご覧なんですね。
僕は再放送派の1話遅れなのでまだ次のレビュー見てないんでミアネ~^^;

それにしてもヒビンの悪行ぶりは加熱する一方でもう目を覆うばかり。
特に淑儀なんかが獲物(笑)になったときはもう可哀想で見てられません。

やっぱヘスさん、ほ~~んとうまいわ~~って毎話感心しっぱなしなんですよ。
さすが韓国を代表する女優さんですね。
180度違う役柄をこうも完璧に演じられるんですもんね。ほんと恐れ入りました。
そのあまりの変わりようにお気に入りだった『愛群』のシニョンの影が跡形もなく消えちゃいました…

方や今やすっかりファンと化したグァンヨルさん。
言わずもがな相変わらず貫禄、存在感とも抜群!!
そろそろヒビンの呪縛から覚めてきたところではないでしょうか。

やがて訪れるであろうヒビンへの裁きぶりが今後の唯一の楽しみ。
でもそのとき粛宗はヒビンに何を思うんだろうな…
そのへんの心情をたっぷり描いてほしいです。

今年振り返るとこの『チャンヒビン』一本だった気がするけど
そういえば『復活』も見たんでしたっけ…今となっては懐かしい限りです。
タイプがまるで違う2本を満喫できてある意味幸運だったのかも。

そういうわけで来年もまたよろしくです。良いお年を。

りょうさんへ お返事遅くなってごめんなさい~

りょうさん、あけましておめでとうございます。
来て下さったのですね♪お待ちしてました(笑)^^
このドラマ、どこが面白いかと聞かれると返事に困りますがとにかく次がどうなるか気になる作りです~。

中殿を追い出したり、諸征記という小説を実際にチュンテクの祖父が書いていたり・・復位の後は呪いをかけていたり、これが史実というのも興味深いのですが(笑)
俳優さんのオーバーな?演技や演出効果、BGMも他の2000年前後の史劇と比べると秀でている気がします!(今ヨンエさんのキム尚宮視聴中なのでそう感じるのかしら・・)


ヒビンは降格されてからさらにパワーアップしてきましたね、逆境に強い女ですよ!ヒビンの形相に粛宗への愛がすでに無く、欲の権化となっているあたりのヘスさんの演技、ほんとにシニョンとは真逆ですね(汗)
こんなにヒビンって恐ろしい女だったのかしら?と思うほどです~^^;

<やがて訪れるであろうヒビンへの裁きぶりが今後の唯一の楽しみ。

そうですね!ただ、ヒビンがこのような姿になったのは粛宗のせいでもあるのでラストにどのように彼が感じるのか楽しみというか、評価を決めたいと思います(爆)
きっと男性より女性の方が粛宗への評価は厳しいと思うのですよ。
あ、グァンリョルさんの演技力、存在感はもちろん、言うことなしですよ~。

りょうさんはほとんどチャンヒビン1本だったのですか~。これが終わると寂しいですね^^:グァンリョルさん出演作・・英雄時代ぐらいでしょうか?

また、お立ち寄り下さい。今年もどうぞ宜しくです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

モカ

Author:モカ
韓ドラ鑑賞歴6年目ですが最近見ていません
心の赴くままに惹かれるものだけを書きとめるかも。
今はイェソンがお気に入りです。

最近のコメント
翻訳
한국어
フリーエリア

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。