スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京城スキャンダル 1~4

衛星劇場で放送中ですね!
それに合わせてレビューしようと思いますが
どうなることやら。(いつものことなので~^^;)

軽いノリでなかなか楽しめそうですよ♪
やっぱ、この本は買い・・かしらね?
もっと知りたい!韓国TVドラマvol.22 [MOOK21] (MOOK21)もっと知りたい!韓国TVドラマvol.22 [MOOK21] (MOOK21)
(2007/12/05)
不明

商品詳細を見る
1930年代で日本が統治していた頃を時代背景にしているので
ソウル1945より時代は少し前ですがむしろ安定していた頃なのかな?
1945よりずっと軽いタッチなので
近代史ものは苦手・・という方でも入り込みやすいかも。
ただ、日本側が朝鮮の人たちを蔑視するような表現はここにも
描かれていますので痛い部分はありますが。

ロケ地は1945と同じ場所だわ!!
総督府の建物にも見覚えあるし、
ワンの実家の裏にソッキョンのお屋敷が映った!ああ~!あれ!と叫んだのは
きっと私ぐらいでしょうが^^;

BGMも軽快で、うちの娘はテキーラぽい曲?(私はよくわからない・・)
に反応していました(笑)
(自分が演奏した曲に似てた?そうで・・)
OSTもノリのいい曲が多くて好きだわ~♪

カンジファン氏のダンスシーンも必見かな?(笑)
親日派の父を持つ軽~い御曹司役を演じていますが
チョマジャの異名を持つヨギョン演じるジミンちゃんとの掛け合いが
なかなか楽しいです♪
ジファン氏はこういう軽い役が似合うよね(笑)
ヨジャたちに追いかけられるシーンは爆笑!
一応、月刊ちらしに勤める新聞記者、かなりの遊び人です。
(しかし、月刊ちらしってネーミングがナイス~^^;)
こんな軽い生き方をしているにはそれなりの彼の過去もあるようで・・

ワンの父は財閥、で親日派。
そんな父、継母への反抗、そして兄は日本側に殺されてしまったのかな・・
ワンの兄を死に追いやった?というエピソードを持つ
兄の友人スヒョン・・・
彼はワンの家の使用人として面倒を見てもらっていたのですが
日本留学中にワン兄を密告したのでは?と。
ここが謎の部分で後々まで話を引っ張っていきそうな雰囲気ですが・・・?

年月を経て総督府のエリートして戻り、スヒョンはワンと再会します。
このスヒョンがリュ・ジン氏!
30代のイイ男の匂いがぷんぷんするわ~(←変態発言)
年は重ねてもおっけ~。
またもや悪役なのかしら?
比較的スマートなイメージで存在感が薄い印象に感じる人が
多いかもしれないけど、
ソドンヨでは
悪役演技がなかなか冴えていた気がします^^
以降悪役が定着しそうですね?
ますます、ワルイ男、渋い系で行ってくださいよ~!(笑)

そして、秘密ありげなキーセンがハンゴウンさん♪
スタイル抜群だし、セクシーオーラが炸裂してます!
取り調べ室での足の組み方は意図的?笑
相手の役者さん、目のやり場に困ったんじゃないのかなぁ(笑)

スヒョンとはお互い淡い初恋?
忘れえぬ人・・のような気がしています。
父の借金の肩にキーセンとして売られてしまい、
自殺未遂まで?という辛い過去を持つソンジュ・・。
表の顔はキーセンで女優。しかし裏の顔は独立闘士なのね。

辛くても生きろ、と言ってくれたスヒョンですが
皮肉にもスヒョンは総督府のエリート・・日本側の人間として
ソンジュと出会います。

これからどう展開していくか楽しみ!
と思っていたら
年末の演技大賞のオープニングで何やら
!!!な映像が流れていたので勘弁してほしかったわ(>_<)




コメント

民族性を超えたもの

主人公4人のキャラが際立っているし
ぴったりの配役だと思います。

帝国主義を目指した過去の日本があったこと
日本人として忘れてはいけない歴史なのでしょうが
改めて示されると・・辛いものがあります。

時々はこういうドラマを見て
日常忘れていられる過去の行いを
悔いを持って考えなければならないのでしょうね。

私は(ネタばれになるかな・・?)スヒョンの
「それは民族性の差ではない。人間性の差異だ」
という台詞に深い感銘を受けました。
抑圧を不当と思い、それを排除することに命をかけた人の中にも、民族という範囲を超えた思想性を持った人がいたのだと・・

「ソウル1945」を見ないと語れませんね。

クムスンジェヒ以来のジファンのはまり役だと思うの。

「ソウル1945」に尻込みしていた私でも、
とても楽しく見られました。
(ジファンが出てるからかもね)

コメディタッチでありながら、
大人の男女4人の人間としてのストーリーと
時代背景、友情、恋愛が入ってます。

リュ・ジン氏の苦悩する演技良いよe-287

な~なさんへ♪

あんにょん♪
主人公4人もイイし、脇(マサコ夫妻)も強烈な(痛い)キャラですよね~(笑)
セリフにも日本の当時の抑圧が表れていますし、マサコの描き方も日本への風刺が含まれてて苦笑いです~。
忘れてはいけない先人たちの歴史、彼の国と比べると日本は認識が薄いと思うし、ドラマを通して知らされる部分もありますね・・・。

<民族という範囲を超えた思想性を持った人がいたのだと・・

たしかに!全体的に軽い雰囲気のドラマですが
メッセージ性が込められていますね。

スヒョンのあの言葉は
彼の信念であり、スヒョンは変わっていないんじゃないかな?と思うんですが・・。
スヒョンが背負わざるを得なくなった理由が早く知りたくてうずうずしてます~^^

ソウルもぜひお勧めしますよ~♪(笑)


クマママさんへ♪

あんにょん!

カンジファン氏、ハマり役ですね!
スヒョンと比べるとまだまだ幼い、わがまま坊ちゃんがこれからマジャと出会って、人間的にも成長してくれるのかな~?と期待です~。
格闘技のシーン、無邪気で可愛くて・・・^^
ジミンちゃんともぴったり合ってる気がします♪

今のところ、対照的な、スヒョンのキャラに惹かれちゃう!
苦しみを背負う翳のある男に弱いもので(汗)
二人のナムジャの行方、ますます楽しみです♪

やっと。。

モカさん、あんにょん^^
コンユが入隊する直前、コンユを頭から消す為&溜まってるHDDを消す為に?やっと見始めました!
これ、スウィングっていうのかな~軽快なテンポがドラマと時代に合ってるね♪
ジファンが可愛くって嵌り役!!4人共、キャスティング、大成功って感じ^^
脇は幸子(衛星は幸子だったのよ)がバリのヨンジュ母よね!?その旦那は怪傑春香のあの人だし(笑)、宮チェギョン父もいい味出してるし、チェマジャの母は美日々のソンジェ母だよね・・・あと、ジファンの同僚に1%タダの弟って気付いてた?ジファンの義母はサムスンに出てた秘書だね。そうそう、朱蒙の子役ユリが青年になった時の子、出てるよね!?格好よくなっててv-238
日本の事が描かれてるのを見るのが初めてなので、そういう点も興味ありです~!!日本語の看板が多くてビックリ@@
6話まで見終わったので、今週から放送と共に進みます(あ~久々だわ、こんな事)

Pさんへ

あんにょん~追いついたのね!
ごめん、マサコはうちのひいばあちゃんだったよ。
幸子だね(汗)

<ジファンの同僚に1%タダの弟って気付いてた?

ん?あの人そうだったの?ってタダ弟、全く記憶にないよ~。
ハングル講座のパクトンハかと思った(笑)
朱蒙の子役もわからない!朱蒙65話以降見てないから・・^^;

ジファン、再び!とはまだ行かないかしら?
でも、同時期に見ていけそうで嬉しいナ♪^^



音楽は..

私なりの例えですが、音楽は全体に「チャールストン」と、
悲しい恋は「アカシヤの雨に打たれて~」っていう昭和歌謡みたい。

そして、まだ出てこないけど可愛い恋は「ワルツ」風ですよ。
でも英語だけど。

年代を意識しながらも、おしゃれにアレンジした曲ですね。

nokkoりんへ

コメントありがとうございます!
芸術系の のっこりん、さすが詳しいですね♪
チャールストン、なるほど、ジファンが踊っていたのがチャールストンダンスっぽい?かな?

昭和歌謡って!(笑)そういえばそんな雰囲気もありますね!ソンジェのヘアスタイルがもろにモダン!昭和!です。
ワルツもサントラに入っていましたね。
ソウル・・もワルツの綺麗なメロディが未だに耳に残ってるんです。
全体的に懐メロ的で母が見たら喜びそう♪

面白~い!

モカさん、どうもありがとう!
期待以上に面白くって、1日1話のつもりが止まらなくなりそうっ!!

主人公4人ともいい味出してて魅力的ですね~
ヨギョンちゃんを好きになれるか、ちょっと不安だったのですが、かわいいキャラで好感度大!

ジファン氏はどうしても船越英一郎に似てると思ってしまうのですが。。
あ、でもときどきカッコよく見えます!(汗)

リュジン氏も最初「あら、意外と丸顔?童顔?」と思ってしまったのですが(ゴメンナサイ!)、苦悩顔やヨンギャに接するときの優しい眼差しは素敵ですね!

今のところ好みのお顔で言えば、山下・イノ・少年スヒョンなのですが、今後の展開でどう変わってくるか、楽しみで~す!

Petuliaさんへ♪

見始めたのですね^^

<ジファン氏はどうしても船越英一郎に似てると思ってしまうのですが。。

え?もう~爆笑させないで下さいよッ。
リュジン氏、丸いでしょう~このドラマの後減量されたようです。後半のスヒョンいいですよ~^^

<山下・イノ・少年スヒョンなのですが

なるほど、無難で正当な?ラインですがPetuliaさんの好みってそっちだっけ?いつから若者好みに変わったの~?(笑)
プヨちゃんタイプはこのドラマにはいない・・ね。^^





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

モカ

Author:モカ
韓ドラ鑑賞歴6年目ですが最近見ていません
心の赴くままに惹かれるものだけを書きとめるかも。
今はイェソンがお気に入りです。

最近のコメント
翻訳
한국어
フリーエリア

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。